FC2ブログ
CAD支援ソフト探索
三次元CADの評価とプリント基板設計CADへの応用
03 | 2020/04 | 05
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールアドレス
<プロフィール>のすぐ下に
<メール>の項目を設けてメールに対応しました。
チェック頻度の高いメールアドレスですので
お気軽にメールお待ちしております。

スポンサーサイト



メールフォーム
ブログを登録したときに取得したNIFTYのWEBメールが昨年に運用を終了してしまいました。
その為に、右下の「メールフォーム」から質問などをされた方からは手元にメールは届いておらず
ご返事が出せないままとなってしまいました。
とりあえず「メールフォーム」のプラグインは外しました。

どうやら、このFC2ブログ立ち上げ後に、別の新メールアドレスには変更できないようなシステムに
なっているようなので今後、「メールフォーム」をどうするか思案中です。

大変ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。


アナログとデジタル/英語と日本語
以前からアナログという値のはっきりしなくて見えない無線などを扱う技術者の性格は
はっきりしていると感じていました。
1、0とはっきりしたデジタルを扱う回路設計者やソフトウェア開発者は逆にソフトウェアで
回避可能という考えなのかはっきりした性格の人は少ないように感じます。

英語に関しても、aとかTheとかTwoとか比較的具体的な数を指定し、日本語のように
「何かが、何となくある。」とかいうような表現は少ないようです。
日本語は曖昧な言葉や言い回しが多いのに具体的な行動では、時間にはっきりしていたりします。
英語圏では逆にのんびりしているように感じます。

使っている言語や仕事とその性格とが逆なのでトータルでは一緒なのではないかと思うぐらいです。


静音冷蔵庫
以前にペルチェ式温冷庫を買ったのですが中に入れる食品に水分が多いものはペルチェ素子が結露で不良となるようで半年で修理することになりました。
おまけに音がうるさいのが難点でした。

そこで仕事場でも使えるようにとアンモニア循環式の寝室用冷蔵庫 MW-40Wを購入
これだとコンプレッサがなく全く音がしません。
アンモニアをヒーターで暖める方式なので最初はすぐに冷える訳ではなく1時間ぐらい掛かります。
その後は電源を入れっぱなしにするので特に問題なしです。
今までの機種が20リットルだったのでこの容量40リットルには十分満足です。
気になる霜取りも自動でヒーターで蒸発させてくれます。
高さもほどよくうちでは仕事場のデスク脇に置いてプリンター台を兼ねています。

テーマ:新製品情報 家電・AV器機・周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

ブログ開始
基板設計の自営業でP-CAD2002を使用していますが、それを他のソフトで支援する為にあれこれ思考錯誤しているのでそれをブログで掲載していこうと開始しました。
内容が限られるので更新がまちまちですがお付き合いください。


プロフィール

SOPHIL

Author:SOPHIL
神奈川県でプリント基板のパターン設計業務をしています。
使用CADはP-CAD2002/2006、三次元CAD/SOLIDWORKSで実装部品を立体化
3DCAD、CG、グラフィックソフトを利用し
パターン設計ソフトの更なる使い勝手の改善にトライ。

メール

質問や仕事などのメール送付は下記アドレスまで お願い致します。

sophil@mug.biglobe.ne.jp

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報

全国表示は< 戻る >にて

RSSフィード