FC2ブログ
CAD支援ソフト探索
三次元CADの評価とプリント基板設計CADへの応用
07 | 2020/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Flashソフト『Web Effect』
来月初めにソースネクストより『Web Effect』が3970円で発売予定です。

パーツ素材1,382点入りで65種類の中からエフェクトを選ぶだけで簡単に
本格的なFlashアニメが簡単に作成できるというものです。
エフェクト例や操作画面を見る限りは直感的にFlashアニメが作成できそうなので
発売されたら購入する予定です。
スポンサーサイト



「アレンジOK!素材集」
ジャストシステムより「花子」関連ということで「アレンジOK!素材集」というソフトウェアのDMが届きました。
読んでみるとどこかで見かけたような機能。
そこで調べてみたら「さし絵スタジオ」というソフトウェアのOEMの模様。

機能としては
添付の素材からシーンと人物タイプを選んで
その人物タイプを「リアルタイプ」「イラストタイプ」「マンガタイプ」から選び表情を設定し
それを「六角大王」の3D機能で人物を見る角度を変えて画像出力するというものです。
出力する画像形式は選べるので他の独立したソフトウェアでも利用可能です。

うちの手持ちのクリップアートも決まったシーンばかりの使用で底をついてしまっているので
購入するかどうか悩むところです。


プロフィール

SOPHIL

Author:SOPHIL
神奈川県でプリント基板のパターン設計業務をしています。
使用CADはP-CAD2002/2006、三次元CAD/SOLIDWORKSで実装部品を立体化
3DCAD、CG、グラフィックソフトを利用し
パターン設計ソフトの更なる使い勝手の改善にトライ。

メール

質問や仕事などのメール送付は下記アドレスまで お願い致します。

sophil@mug.biglobe.ne.jp

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報

全国表示は< 戻る >にて

RSSフィード