FC2ブログ
CAD支援ソフト探索
三次元CADの評価とプリント基板設計CADへの応用
03 | 2020/04 | 05
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

『六角大王』WIN5.5
tesagi_bridge『アレンジOK!素材集』で三次元イラスト素材を作成していますが
収録されているものでは満足がいかない場合もあるので、早速『六角大王』WIN5.5を購入して一から作ってみました。

以前も記事で書いたように『アレンジOK!素材集』は、『六角大王』を販売している終作という会社としてジャストシステムにオリジナル製品の『さし絵スタジオ』をOEM供給している関係なのでデータ形式には問題なしです。

BShiで放送中の『太王四神記』に登場した木製の橋を『六角大王』でテスト作成してみました。
円柱と厚みのある板(立体)をそれぞれ茶色とこげ茶に色分けしてサイズと位置調整し左右の欄干はブロック複製したので初めてにしては10分ぐらいで作成できました。

1.その立体データをこのソフトウェア独自のKT形式ファイルで保存。
2.『アレンジOK!素材集』でライト照明、カメラレンズ、向きを調整しPNG形式で出力。
3.FireWorks2004でサイズ調整してGIF形式で出力しました。

これら2、3の後処理は使い慣れているので3+1分ぐらいです。
『六角大王』単体でもJPG、GIF出力が可能ですが最後に何かしらのグラフィックソフトで画像サイズのトリミングが必要なのでこういう工程を踏んでいます。

『花子』などに添付されている都市などの立体的なクリップアートを見ているとこれを利用して作成しているのではないかと思っています
スポンサーサイト



テーマ:CAD - ジャンル:コンピュータ

Vue6導入
最初はブログの画像加工だったのに
グラフィックソフトウェア>地図ソフト>クリップアート>Flash>トレース>スケッチ>3DCAD>3DCG
そしてCG背景ソフトVue導入へと変化、波及してしまいました。
Vueで背景を作成してShadeにHDRIで受け渡す方法や逆にShadeで作成した画像をVueにインポートするすることができます。
他にはTurbocadの環境パレットでVueで作成した画像を設定することもできます。
下の画像はTurbocadで作成したデータを3DSファイル形式でVueにインポートしてレンダリングしたものです。
(厳密にはPCAD2002 --- DXF ---Turbocad  v12 pro --- 3DS --- Vue)

3DS形式でインポートしたファイルの部分が少しぼやけた感じに見えますがまだVueを使い始めたばかりなので何か改善する方法があるのかもしれません。
(1400x1050ピクセルをトリミングしてリサイズしてあります。)

vue_turbo_pcb

テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ

Vue6による景観
Shadeを使っていて空などの背景がCGソフト側のパラメータ設定である程度のリアルなものが作成でき、CG本体を生かすためにもその重要性がよく理解できました。
早速、本屋さんでVue6について書いてある『Vueアドバンスドガイドブック』を購入。
それを読んでいて気がついたのは、建築関係であれば植栽をソフトウェアの「植生と地形」を使って作成できそうです。
また「大気の生成」でリアリティのある空や雲を描けそうです。CG動画としてではなく静止画として利用する分にはPNG形式でのファイル入出力機能のある『Vue 6 Esprit』が良さそうです。

ジャンルが違っていてもブログやHPのトップバナーにはいいのですが、電気関係で使うには豪華過ぎる画像でどういう背景を制作するか悩んでしまいそうです。

テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ



プロフィール

SOPHIL

Author:SOPHIL
神奈川県でプリント基板のパターン設計業務をしています。
使用CADはP-CAD2002/2006、三次元CAD/SOLIDWORKSで実装部品を立体化
3DCAD、CG、グラフィックソフトを利用し
パターン設計ソフトの更なる使い勝手の改善にトライ。

メール

質問や仕事などのメール送付は下記アドレスまで お願い致します。

sophil@mug.biglobe.ne.jp

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報

全国表示は< 戻る >にて

RSSフィード