FC2ブログ
CAD支援ソフト探索
三次元CADの評価とプリント基板設計CADへの応用
04 | 2010/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

DVD-R、BD-Rの価格
メディアの価格をあまり気にしないで書き込みをしていましたが
最近の価格1枚の単価を算出してみました。
BD-R(50G)以外はスピンドルタイプで20-50枚入りもので算出してあります。

DVD-R(4.7G) : 20円
DVD-R(8.5G) : 100円
BD-R(25G) : 170円
BD-R(50G) : 400円

うちではDVD(8.5G)以外は***-REタイプで試し書きすることが多いのですが
それを実行していないTDK製のDVD-R(8.5G)で書き込みエラーが多いです。

以前はDVD-R(8.5G)を多用していましたが最近はBD-R(25G)を利用することが多くなっています。
PCデータのバックアップにも便利です。
出来ればBD-R(50G)のスピンドルタイプをTDKなどから発売してくれるとありがたいです。

DVDに比べて容量の少ないCD-R(700M)の単価は18円程度なので
DVD-R(4.7G)と大差がないぐらい下げ止まりしているということでしょう。

スポンサーサイト



chotBDAV成功の事前チェック
CADとは関係ない記事ですがBD-Rライティングに役に立つ内容です。

BD-Rでの動画ライティングでメニューなしのBDAVの場合は「chotBDAV」が
短時間で作成できて便利です。
MS-DOS窓での作成ですが、テキストエディタでバッチファイルを事前作成しておけば
それほど面倒でもないです。
しかし、作成されたBDAVフォルダをBD-Rなどに焼いて再生チェックすると駄目な場合があります。

何度も色々なファイルをチェックしていると
「Murdoc Cutter 」と関連があることに気がつきました。
作成したい*.m2tsファイルを「Murdoc Cutter 」で読み込めて、左上に動画編集画面が
現れる場合は「chotBDAV」に取り込んでも成功するようです。
逆に言えば、焼いたBD-Rで再生時に失敗するか再生リストでXが出る場合のファイルは
「Murdoc Cutter 」では編集が不可能です。
(チェックのためだけなので別に動画編集する必要はありません。)

今後はなぜ編集できないのか出来るためにはどうすればいいのか研究していきます。

MKVファイルからブルーレイ書き込み
ある程度解像度が高くなるとMKVファイルとなっている場合が多いのですが
GOMプレーヤでの再生でもPCのCPUパワーが必要で今まではやや悩まされていました。

ブルーレイにPCデータディスクではなくてメニューなしのオーサリングするには
「tsMuxeR」が良さそうで、それを知ってからはMKVファイルからM2TSへの変換も
短時間で処理できるのでこのファイルの良さを実感しました。

処理方法としてはDVDのファイル作成に使う「DVDFlick」の代わりと思えばいいでしょう。

以下、簡単な説明です。
「tsMuxeR」にMKVファイルを登録し[Blu-ray]タブでチャプター設定し
その下の[Create Blu-ray Disk]を選択。
保存場所は事前にBDなどのフォルダを作成しそれを指定すると生成した
ファイルとほかとの混乱がなくなります。

[Start muxing]を押すとファイル生成を開始し
保存場所の中に[BDMV]と[CERTIFICATE]というフォルダができます。

[BDMV]内の[STREAM]の中に元ファイルとほぼ同じぐらいの*.m2tsファイルができているので
それを再生して音声などが正常に出ているかを確認。

次は、ImgBurnにて[Write files/folders to disk]で[BDMV]と[CERTIFICATE]フォルダを
データとしてBD-Rにライティングすれば完了です。
(BD-R用ISOファイルにしたい場合はUDF=2.50としてライティング)

再生メニューを作成したい場合は「tsMuxeR」の代わりに「multiAVCHD」を使えばいいようですが
まだこちらはそれほど試していません。

BD-R書き込みエラー
BUFFALO製内蔵ブルーレイドライブBR-H1016FBS-BK(10倍速)を購入したのですが
今まで使っていたビクター製BD-RE(書き換え可能BDメディア)を初期化出来ずに焦りました。
今まで使っていたパナソニック製ドライブLF-PB271JDでは問題なく初期化可能なので
メディアによるエラーではないことは確認。
もしやとTDK製BD-Rを焼いてみると再生時に読み取りか書き込み時の不具合によるエラーが発生。

アマゾンでの書き込みではさほどの問題の書き込みはなかったのに
カカクコムではメディアとの相性や書き込みエラーのコメントが多いのに絶句。
そこでの書き込みではサポートへの電話もつながりにくく、現品を送付してチェックしてもらっても
正常ということで送り返されることが多いとのことでした。
今まで使っていたパナソニック製ドライブではメディアとの相性や書き込みエラーなどは
皆無だったので驚きました。

中身は日立LG製なのですがやっぱりパナソニックやパイオニアでないと駄目ってことでしょうか。
一応メーカーとのやり取りをして、もし交換不可であればBD再生専用ドライブとする予定です。

書き込みには信頼性が必要なので
結局、パイオニア製内蔵ブルーレイドライブBDR-S05J-BK(12倍速)を追加購入して
書き込みしています。
こちらは書き込みエラーもなく大丈夫で動作音も殆どしないので一安心です。

あと、感じたのはPCケースがベージュ系からブラック系が多くなったので
そのために私のようにBD/DVDドライブを買い替え、追加購入ということが多いのでは
ないでしょうか。

以前、東芝製HDDレコーダのDVDドライブが東芝の内製で駄目で
日立LGに交換した良かった記憶があったのに、今回のことで相殺になりました。



プロフィール

SOPHIL

Author:SOPHIL
神奈川県でプリント基板のパターン設計業務をしています。
使用CADはP-CAD2002/2006、三次元CAD/SOLIDWORKSで実装部品を立体化
3DCAD、CG、グラフィックソフトを利用し
パターン設計ソフトの更なる使い勝手の改善にトライ。

メール

質問や仕事などのメール送付は下記アドレスまで お願い致します。

sophil@mug.biglobe.ne.jp

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報

全国表示は< 戻る >にて

RSSフィード