FC2ブログ
CAD支援ソフト探索
三次元CADの評価とプリント基板設計CADへの応用
08 | 2010/09 | 10
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ソフトウェア会社の変遷
久々にメガソフト社からDMが届きましたが今回の件は「3Dマイホームデザイナー」でした。
地図上に立体図形を使いたくて以前に一度購入したことによるものでしょう。
以前はFAX関連ソフトウェアで有名でしたがホームページを訪ねると3Dでの個人宅や
会社のレイアウト関連のソフトウェアだけが目新たらしいだけでした。

「デジカメ同時プリント」で有名だったAIソフトもエプソンに吸収されて消えてしまい
ライブドアもそれほどメーラーの「ユードラ」などからも手を引いて様変わりしています。
ライティングソフトウェアのB.H.A.の時もそう感じましたが
使い勝手のいいソフトウェアメーカーが消えていくのは残念です。
昔は殆ど聞かないソフトウェア会社がいろいろあったように感じていたのに
最近はそんな感じではないのはOSの複雑さのせいでしょうか。

従来からある業務用ソフトウェアもそこでの内製で囲い込んだクラウドコンピューティングが普及すると
業績が改善することもなさそうです。

スポンサーサイト



Piranesi(ピラネージ)V5
このソフトウェア「Piranesi」にふれる機会があったのですが
平面なのに立体的な関係のある面以外は色が塗れなかったりと不思議な感触です。
恐らくマスキング処理がされた特殊な規格なのでしょう。
これなら後から色を塗ったりする加工には不自由しません。
光源方向を指定して塗るのは夕日の色合いなどを処理するのに便利層です。

サンプル素材を加工したのですが実際は3DCADがこのソフトウェアに対応した
ファイルを出力してくれないと、この加工はできません。
風景などに趣きを置いた3DCGなどには対応していますが
ソリッドワークスなどには対応していません。
廉価なものでは「3Dマイホームデザイナー」が対応しています。

この辺を調査してから導入するかどうかの判断をしたいです。



プロフィール

SOPHIL

Author:SOPHIL
神奈川県でプリント基板のパターン設計業務をしています。
使用CADはP-CAD2002/2006、三次元CAD/SOLIDWORKSで実装部品を立体化
3DCAD、CG、グラフィックソフトを利用し
パターン設計ソフトの更なる使い勝手の改善にトライ。

メール

質問や仕事などのメール送付は下記アドレスまで お願い致します。

sophil@mug.biglobe.ne.jp

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報

全国表示は< 戻る >にて

RSSフィード