FC2ブログ
CAD支援ソフト探索
三次元CADの評価とプリント基板設計CADへの応用
10 | 2010/11 | 12
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

「T-ZONE」廃業
秋葉原に部品販売の亜土電子が出来たころから知っていたのでこの廃業はちょっと残念です。
それぞれの時期にトヨムラ、CSKからの支援もあって延命し少し名前も変わってきましたが
とうとうこういう自体になってしまいました。

もともとの一般部品販売でも大変な時代で、業態変化したPC関連商品の販売も
それが飽和と停滞しているので厳しい時代です。
PCDIYも他の人との差別化よりも安価なものに走りがちなので難しいでしょう。

以前は厚木ZOAなどに行っていましたが最近はPCショップといえば
PCデポぐらいしか行かなくなりました。

スポンサーサイト



「Adobe Acrobat X Pro」試用
3DCADからのインポートに関してはサポートファイルとしては
残念なことにU3D形式しか選択肢が無くなったようです。
変換画面はオン/オフが選択可能でオンでは今までとは少し違って簡素な画面です。

これだと他に上位バージョンがあるのかと勘違いしてしまいそうですが、他とアップリング販売は
あっても機能としてはこれが最上位です。
3DCADのバージョンアップによる対応が大変なのでU3D形式だけになったのでしょうか。
調べたらTETRA4Dという「3D PDF Converter」が存在しているようです。
これでそのあたりの問題を吸収してくれと言わんばかりです。

右クリックしたメニューも減っているのでデータ変換もままなりません。
3DPDFに関してはバージョンアップするに従って機能低下しているように感じます。
これだとVER.9で止めて置くのが得策のようです。


U3D形式の3DCADデータをイラスト化
以前に紹介した「3DVIA Composer」では
U3D形式の3DCADファイルからテクニカルイラスト化が可能です。

Corel DESIGNER Technical Suite X4」の説明では3DCADデータからイラスト化が可能だと
以前から知っていたので興味がありました。

それから暫く経った最近、
「Corel DESIGNER Technical Suite X5」の試用版を試してみました。

通常の画面はイラストレータのような感じです。
3Dデータのインポート画面では「Deep Exploration 6CE」が起動します。
ここでも「3DVIA Composer」と一緒でソリッドワークス2009のデータが読めなかったので
仮にアクロバット9経由でU3D形式にしたらインポート可能でした。

この「Deep Exploration 6CE」での画面はアクロバット9と似たマウス動作で
親和性があります。
光源の種類もよく似ていて、この技術をどちらかが利用しているのではないかと感じるぐらいです。

視点を設定するなどして「Send to」で
「Deep Exploration 6CE」のデータが本体の「Corel DESIGNER Technical Suite X5」へ移動します。

結論としては
「3DVIA Composer」+「イラストレータ」でテクニカルイラストを描くか
「Corel DESIGNER Technical Suite X5」ですべて処理するかの
2つの選択肢があるということになるでしょう。

初期は高価だったけど拡張機能も多かった「アクロバット8」が使いやすかったともいえますが。

3D XML part.2
以前、少し触れた「3DXML」ですが
書式を提唱したCATIAでも読めると言う利点やSOLIDWORKS2010など新しいバージョンで
作成したファイルでも原稿のアクロバットで3DPDF化が可能という利点があります。

欠点は生成した3DPDFが通常より大きなファイルサイズになる点と
ひとつの部品がいくつか2点ぐらいになってしまう点です。
何故か色も少し暗めになってしまうようです。

3DCADはバージョンで互換性がない場合が多いので混乱はしますけれど
こういったファイル形式が存在してくれることがありがたいです。



プロフィール

SOPHIL

Author:SOPHIL
神奈川県でプリント基板のパターン設計業務をしています。
使用CADはP-CAD2002/2006、三次元CAD/SOLIDWORKSで実装部品を立体化
3DCAD、CG、グラフィックソフトを利用し
パターン設計ソフトの更なる使い勝手の改善にトライ。

メール

質問や仕事などのメール送付は下記アドレスまで お願い致します。

sophil@mug.biglobe.ne.jp

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報

全国表示は< 戻る >にて

RSSフィード