FC2ブログ
CAD支援ソフト探索
三次元CADの評価とプリント基板設計CADへの応用
02 | 2011/03 | 04
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

3DVIA COMPOSER V6R2011
大手企業内ではきっとこのソフトウェアを使って3DCADからの情報を使って
説明書やメンテナンス資料や各種ドキュメントを作成していることでしょう。

中小企業には高額な価格設定なのでうちの周りからは情報が伝わってきません。
しかし、Youtubeには色々な動画が上がっていて使い方がより良くわかります。

残念なのは解像度が悪いのでどのコマンドを使っているかを知るには何度も見返す必要ありです。

また、どのバージョンからなのかは不明ですが、少なくともSolidworks2010からは
直接「3DVIA COMPOSER V6R2011」に対応するファイルを生成できるようです。
上手くいかない場合も3DXML形式で出力すれば上手く読み込んでくれます。


[READ MORE...]
スポンサーサイト



USBコネクタのギャップ
USBハブのコネクタ部分は何度もUSB機器を抜き差ししているとゆるくなることがあります。
まだ購入したばかりの「CVS ED-UB-IN5-2」も個体差はあるもののゆるいコネクタがあったので
調整することに。
小さなマイナスドライバーで調整しようとしたのですが、手元に丁度ぴったりの無かったので
スケーラーという歯石を落とすステンレス製の曲がった器具をルーペ片手に調整してみました。
手前よりは奥の付け根付近を広げた方が元通りにならなくて調子が良さそうです。

PCケースの地味な加工
PCケースのCC600Tに3.5インチベイでUSBハブなどを増設しようと「CVS ED-UB-IN5-2」を購入。
このケースには3.5インチベイはないので5インチへの変換アダプタが必要でした。
ANTEC PCケース TH adapter 3.5inch」を購入したのですが
これはANTECの「THREE HUNDRED AB」などのケース専用でした。

運が良かったのはCC600T同様にメッシュ構造でそれもかなり似ているので
横幅を数mmヤスリで加工してCC600Tに入るサイズとしました。
金属部分との接合も面倒ですがそれに合う様に加工しました。

DSC00138.jpg


[READ MORE...]


プロフィール

SOPHIL

Author:SOPHIL
神奈川県でプリント基板のパターン設計業務をしています。
使用CADはP-CAD2002/2006、三次元CAD/SOLIDWORKSで実装部品を立体化
3DCAD、CG、グラフィックソフトを利用し
パターン設計ソフトの更なる使い勝手の改善にトライ。

メール

質問や仕事などのメール送付は下記アドレスまで お願い致します。

sophil@mug.biglobe.ne.jp

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報

全国表示は< 戻る >にて

RSSフィード