FC2ブログ
CAD支援ソフト探索
三次元CADの評価とプリント基板設計CADへの応用
03 | 2020/04 | 05
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

3Dクリップアート始めました
今までは素材集や「花子」などに添付の二次元のイラスト素材を使用し
合成したものをブログに使用することが多かったのですが似たようなシーンが重なってしまいネタ切れぎみでした。
そのために今度は、ジャストシステム社より発売された「アレンジOK!素材集」で三次元イラスト素材に挑戦しています。

標準添付の三次元情報のある素材の向きを代えて単品または複数を重ねていけば出来上がります。
本格的な3DCADや3DCGのように光源や撮影(観測)レンズの種類も選べるのである程度の明暗やリアティティのある(鳥瞰図のような見え方の)素材が出来上がります。
ただ、レンダリングという概念はありません。

手軽に使えていますがバックグランドでは3DCGと同じ動作をしているようでメモリー使用量が多くブラウザを起動しての作業、グーグルアースの起動などでは重かったり起動時にエラーが発生することありです。

アニメ風の人物の服装、表情やしぐさも変更可能です。
標準添付以外のものは「六角大王」という別のソフトウェアで個別に作ることになりますがこちらはまだ勉強中です。

3d_clipart
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

SOPHIL

Author:SOPHIL
神奈川県でプリント基板のパターン設計業務をしています。
使用CADはP-CAD2002/2006、三次元CAD/SOLIDWORKSで実装部品を立体化
3DCAD、CG、グラフィックソフトを利用し
パターン設計ソフトの更なる使い勝手の改善にトライ。

メール

質問や仕事などのメール送付は下記アドレスまで お願い致します。

sophil@mug.biglobe.ne.jp

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報

全国表示は< 戻る >にて

RSSフィード