FC2ブログ
CAD支援ソフト探索
三次元CADの評価とプリント基板設計CADへの応用
03 | 2020/04 | 05
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

グラフィック用PC自作
昨年1月にCore2DuoのCPUで自作して以来で他のPCは旧Pentimum4である640、650で
3Dソフトウェアを動作させると厳しい時もあります。
OSの絡みもあるのですが各種パーツ移植、交換をしながらという自作に入りました。
メモリー価格に関しては暫く疎かったのですが、DDR2メモリーがあまりに価格低下しているのはびっくりです。
選んだM/BはDDR2、DDR3の両方が利用できるのでまずは手持ちのDDR2メモリーを利用することに。
V/CはGeforce8600GTでファンレスの静かなものを入手。電源は550Wを用意しました。
CPUはE8400かQ6600のどちらかを予定していますが前者はやや入手に難があるのと、入手したM/Bのファームウェアの都合があるので、とりあえずは旧CPUで起動させ全体の動作確認作業をすることにしました。
改造しているPCは経理ソフトウェアのバックアップ機でもあるので確定申告が終わったら本格的にパーツ差し替えを開始予定です。
next_pc4
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

SOPHIL

Author:SOPHIL
神奈川県でプリント基板のパターン設計業務をしています。
使用CADはP-CAD2002/2006、三次元CAD/SOLIDWORKSで実装部品を立体化
3DCAD、CG、グラフィックソフトを利用し
パターン設計ソフトの更なる使い勝手の改善にトライ。

メール

質問や仕事などのメール送付は下記アドレスまで お願い致します。

sophil@mug.biglobe.ne.jp

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報

全国表示は< 戻る >にて

RSSフィード