FC2ブログ
CAD支援ソフト探索
三次元CADの評価とプリント基板設計CADへの応用
03 | 2020/04 | 05
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

グラフィックソフトウェアの利用
電気、機械系CADしか使わない人からデジカメの修正ぐらいしかグラフィックソフトウェアを使用する頻度は少ないという話を聞くことがあります。
しかし、仕事の場合は現品またはサイトからDLした電気部品などの写真に寸法図やコメントなどを入れてメールで問い合わせる時などには言った言わないというトラブルを無くすためにどうしてもグラフィックソフトウェアが必要となります。

例としてVGAカードの写真にグラフィックソフトウェアで寸法図を入れてみました。
コメントや質問なども引き出し線付きで入れると勘違いを回避できます。
機構設計CADに画像を入力して寸法線を入れるよりは、写真に直接記入する方が時間の節約になります。

VGA_PAINT_DOC
スポンサーサイト




テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

SOPHIL

Author:SOPHIL
神奈川県でプリント基板のパターン設計業務をしています。
使用CADはP-CAD2002/2006、三次元CAD/SOLIDWORKSで実装部品を立体化
3DCAD、CG、グラフィックソフトを利用し
パターン設計ソフトの更なる使い勝手の改善にトライ。

メール

質問や仕事などのメール送付は下記アドレスまで お願い致します。

sophil@mug.biglobe.ne.jp

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報

全国表示は< 戻る >にて

RSSフィード