FC2ブログ
CAD支援ソフト探索
三次元CADの評価とプリント基板設計CADへの応用
01 | 2020/02 | 03
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

ラックの棚作り
PCラックの棚をホームセンターで購入した時に近くに発泡スチロール製の
黒色ブロックを見つけてそれを高さ調整用にと思いつきました。
発泡スチロールは荷造りぐらいにしか利用していませんが、縦方向には強度もありPCの振動も
吸収できるのでレンガ風のものと合わせて棚の高さ調整に利用しました。

見栄えを気にしましたが、テーブルで見えない部分なのでこれで代用になりそうです。

DSC00115.jpg



DSC00123.jpg

これで以前の記事のイラストのようにDIYが完了しました。

スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

SOPHIL

Author:SOPHIL
神奈川県でプリント基板のパターン設計業務をしています。
使用CADはP-CAD2002/2006、三次元CAD/SOLIDWORKSで実装部品を立体化
3DCAD、CG、グラフィックソフトを利用し
パターン設計ソフトの更なる使い勝手の改善にトライ。

メール

質問や仕事などのメール送付は下記アドレスまで お願い致します。

sophil@mug.biglobe.ne.jp

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報

全国表示は< 戻る >にて

RSSフィード