FC2ブログ
CAD支援ソフト探索
三次元CADの評価とプリント基板設計CADへの応用
04 | 2020/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FDDユニットの存在
古いソフトウェアでフロッピーメディアのものが1種類だけあるのでFDDユニットが必要でした。
しかし、近頃はPCケースでも3.5インチベイの存在も危うく、存在していないものがあります。
そこで考えたのがPCケースCC600Tに存在していたHDDユニットの交換用のレールです。
それにFDDユニットOWL-FDB1(B)を装着したのがこちらです。

そのまま装着するともう少し前になってレール側の左右のノブが広がってPCケース内に装着できなくなります。
レールの前面側に一箇所(左右共に)穴を開けてネジ止めしています。
(後ろ側のシリコンブッシュもネジ止め、前はフリー、ネジ穴に入る金具は取り外し)

IMGP0728.jpg

USB接続(但し、M/B用のコネクタ)なので内部接続も簡単です。


わかりにくいかもしれませんがPCケース内にてHDDユニットの上に配置してみました。
FDを使いたい時にだけPCケースのサイドパネルを外して利用するという不思議な手法ですが
稀なインストール時にだけ使用するのでこれで十分でしょう。

SDメモリーなどはUSB接続の外付け機器で十分なので、そちらも3.5インチベイでの利用は
当面、考えていません。

IMGP0733.jpg
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

SOPHIL

Author:SOPHIL
神奈川県でプリント基板のパターン設計業務をしています。
使用CADはP-CAD2002/2006、三次元CAD/SOLIDWORKSで実装部品を立体化
3DCAD、CG、グラフィックソフトを利用し
パターン設計ソフトの更なる使い勝手の改善にトライ。

メール

質問や仕事などのメール送付は下記アドレスまで お願い致します。

sophil@mug.biglobe.ne.jp

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報

全国表示は< 戻る >にて

RSSフィード