FC2ブログ
CAD支援ソフト探索
三次元CADの評価とプリント基板設計CADへの応用
04 | 2020/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

PC用メモリーの安さ
PC用メモリーが底値から少し上昇傾向とのことで購入しました。
PC3-12800(DDR3-1600)2GB x 2個組 が4000円ぐらいという価格には驚きました。
丁度、1年前にも同スペックのものを購入しましたが13,350円でしたので1万円も下落しています。

消費者としては嬉しいことですがこれではメモリー製造メーカーが安定して運営できるのか
心配してしまうような価格帯です。
64ビット系では3GB強のメモリーの壁が取れますが、それでも大量のメモリー購入は望めないので
大変そうです。


SSDメモリーの方は大容量化と普及価格になりつつあるので、こちらはありがたいです。
起動ドライブとしては128GBぐらい必要です。
装着したものが壊れた頃には大容量化されているのでどこで導入するか悩ましいです。
CPUは価格が4万円を切ったら購入していますが、SSDは2万円ぐらいを目安にしようと思っています。
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

SOPHIL

Author:SOPHIL
神奈川県でプリント基板のパターン設計業務をしています。
使用CADはP-CAD2002/2006、三次元CAD/SOLIDWORKSで実装部品を立体化
3DCAD、CG、グラフィックソフトを利用し
パターン設計ソフトの更なる使い勝手の改善にトライ。

メール

質問や仕事などのメール送付は下記アドレスまで お願い致します。

sophil@mug.biglobe.ne.jp

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報

全国表示は< 戻る >にて

RSSフィード