FC2ブログ
CAD支援ソフト探索
三次元CADの評価とプリント基板設計CADへの応用
03 | 2020/04 | 05
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

PCケースの地味な加工
PCケースのCC600Tに3.5インチベイでUSBハブなどを増設しようと「CVS ED-UB-IN5-2」を購入。
このケースには3.5インチベイはないので5インチへの変換アダプタが必要でした。
ANTEC PCケース TH adapter 3.5inch」を購入したのですが
これはANTECの「THREE HUNDRED AB」などのケース専用でした。

運が良かったのはCC600T同様にメッシュ構造でそれもかなり似ているので
横幅を数mmヤスリで加工してCC600Tに入るサイズとしました。
金属部分との接合も面倒ですがそれに合う様に加工しました。

DSC00138.jpg


CC600Tは他のケース同様にワンタッチで取り付けです。
そういう場合は取り付け位置を微調できないのでCC600T側のワンタッチのノブの
脇に穴を開けて従来どおりネジで取り付けました。

別のケースにはゴム足をサイド側にもDIYショップで購入して貼り付けました。
クーラーマスターの回転するロゴシールも外してコルセア製電源ユニットに付いていた
シールを貼り付けてみました。

DSC00135.jpg

スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

SOPHIL

Author:SOPHIL
神奈川県でプリント基板のパターン設計業務をしています。
使用CADはP-CAD2002/2006、三次元CAD/SOLIDWORKSで実装部品を立体化
3DCAD、CG、グラフィックソフトを利用し
パターン設計ソフトの更なる使い勝手の改善にトライ。

メール

質問や仕事などのメール送付は下記アドレスまで お願い致します。

sophil@mug.biglobe.ne.jp

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報

全国表示は< 戻る >にて

RSSフィード