FC2ブログ
CAD支援ソフト探索
三次元CADの評価とプリント基板設計CADへの応用
04 | 2020/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

USBコネクタのギャップ
USBハブのコネクタ部分は何度もUSB機器を抜き差ししているとゆるくなることがあります。
まだ購入したばかりの「CVS ED-UB-IN5-2」も個体差はあるもののゆるいコネクタがあったので
調整することに。
小さなマイナスドライバーで調整しようとしたのですが、手元に丁度ぴったりの無かったので
スケーラーという歯石を落とすステンレス製の曲がった器具をルーペ片手に調整してみました。
手前よりは奥の付け根付近を広げた方が元通りにならなくて調子が良さそうです。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

SOPHIL

Author:SOPHIL
神奈川県でプリント基板のパターン設計業務をしています。
使用CADはP-CAD2002/2006、三次元CAD/SOLIDWORKSで実装部品を立体化
3DCAD、CG、グラフィックソフトを利用し
パターン設計ソフトの更なる使い勝手の改善にトライ。

メール

質問や仕事などのメール送付は下記アドレスまで お願い致します。

sophil@mug.biglobe.ne.jp

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ内検索

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報

全国表示は< 戻る >にて

RSSフィード